ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加

2020.08.21

全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加

8月21日、「全国青年部長・青年局長合同オンライン会議」を開催しました。
この会議は、毎年一度開催する全国大会に代わるもので、本年はコロナ禍にともないオンラインで開催。全国の青年部・青年局代表約180人が参加しました。

小林 史明青年局長と不破 大仁青年局中央常任委員会議長(石川県議会議員)は開会にあたり、オンライン会議開催に向けた全国青年部局の協力への御礼と災害対応など日々地域の最前線で活動する全国の仲間への激励の言葉をそれぞれ述べました。

次に、第41代青年局長の萩生田光一文部科学大臣から「各地域に根ざした活動を通じて地域社会に貢献する青年組織の役割は大きく感謝。学校のICT環境整備の早期実現に向け皆様の協力を是非お願いしたい」と挨拶いただきました。

議事では、非常時でも迅速な意思決定ができるよう「青年組織規約改正」を行い、地域課題を解決する政策実践集団へと青年部局が進化し、組織のデジタル化を更に進め、「NEXT-11」や「政策実践プロジェクト」などの具体的活動を展開することを含めた「令和2年青年部・青年局活動方針」を議決するとともに、地域ブロック選出の「中央常任委員」の委嘱、「優秀党員・優秀党組織」の表彰・活動報告等を行いました。

総括にあたり、小林青年局長は「本日は党内史上初となる全国規模の正式な会議でオンライン議決を行うという歴史的な日となった。変革に対応する組織として一体となって地域と国の未来を切り拓いていこう」と力強く呼びかけました。

その後の記者懇談会では、党内史上初のオンライン議決に関する質問が相次ぎ、小林青年局長は「青年局自ら実践することで党全体の組織の変革を求めていきたい」と強調しました。

全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
全国青年部長・青年局長合同オンライン会議を開催。全国から約180名が参加
ページトップへ