ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

教育経済新型コロナウイルス学生

政策実践プロジェクトで「大学との協働」について解説

2021.02.04

政策実践プロジェクトで「大学との協働」について解説

青年局政策実践プロジェクト(文科・第5回)!

2月4日、牧島かれん青年局長は、国光あやの青年・学生副部長とともに、「大学との協働」をテーマに解説動画を撮影しました。

牧島局長は、地域の教育研究拠点としての機能や地域社会・地方創生に貢献する役割など地域における国立大学の機能と役割を説明した上で、産官学の連携により「キラリと光る地方大学づくり」を推進する国立大学と自治体の協働支援策やその促進に向けた地域連携プラットフォームの構築・活用などを解説。
国光副部長は、協働の具体的事例の一つとして、日本一多くの研究・教育機関を擁するつくば市の研究学園都市連携「つくば産学連携強化プロジェクト」や茨城県のプロジェクト支援など産官学の連携事例を紹介しました。

更に、動画ではコロナ禍において修学を続けられるか不安を感じている方・深刻な状況になっている方が増えていることや大学等高等教育機関への進学を経済的理由から悩んでいる方も多い状況から、「学びたい」「学びを続けたい」学生への奨学金や授業料減免などの修学支援新制度や地方公共団体が支援する奨学金返還支援等についても解説しました。
牧島局長は、学生への支援については自治体側から学生をはじめ地域の方々への広報も必要であることに言及し、「積極的な情報発信をするとともに、各地域で支援制度の導入を検討してほしい」と呼びかけました。

今回撮影した動画は、2月15日に全国の青年局メンバーに配信予定です。

ページトップへ