ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

新型コロナウイルス感染症医療女性子ども

女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!

2021.03.15

女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!

3月15日、女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!
今回は、国民的関心事である新型コロナワクチンをテーマに、前青年局長でもある小林史明内閣府大臣補佐官と、自見はなこ青年局長代理が講演を行いました。
冒頭、挨拶を行った牧島かれん青年局長は「全国のメンバーのもとにもワクチンに関する問い合わせが寄せられていると思う。今日を機にいま一度情報を整理し、各地域の皆様へ正確な情報を共有いただきたい」と呼びかけました。
小林補佐官は、ワクチンの新しい接種記録システムについて、短期間で2回の接種を行うことで自治体の記録管理が複雑となることを理由に挙げ、必要性を強調しました。また、副反応については「詳細や経過に関する情報公開を行い、多くの国民が安心してワクチン接種をできる環境を整備していきたい」と語りました。
自見代理からは、ワクチンを接種した際のアナフィラキシーショックについて、日本のワクチン産業の動向や承認プロセスなどについて解説がありました。
講演後にはオンラインで参加した、全国の女性局・青年局メンバーから現場の声を伺うとともに意見交換を行いました。

女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!
女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!
女性局政策ミーティング・青年局定例会議合同臨時開催!
ページトップへ