ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

党大会運動方針福祉

党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱

2021.03.21

党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱

3月21日、第88回自民党大会が開かれました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都道府県連代表の代議員がオンライン参加するリモート形式で開催されました。

大会は、司会の牧島かれん青年局長と吉川ゆうみ女性局長のはつらつとした開会宣言からスタートしました。

議長団の一角を青年局中央常任委員会議長の橋口海平熊本県連青年局長(熊本県議会議員)が担い、令和3年運動方針を決定しました。

また、総裁演説で菅義偉総裁は、「新型コロナという国難を乗り越え、日本の伝統を守る。多様性と創造性を大切にしながら、日本を次の世代に引き継いでいく。その先頭に立って闘い抜く決意だ」と力強く語りました。

大会のフィナーレでは、全国の都道府県連青年部・青年局、女性局のみなさまから寄せられた150を超える党歌「われら」の手話動画とともに、青年局・女性局役員がステージ上に登壇し、参加者一体となって党歌を手話で歌いました。

青年局は全国各地のメンバーとともに、多様性を大切にする政策を実践し、共生社会の実現に向けて取り組んでまいります。

党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱
党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱
党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱
党大会で青年局役員が活躍、フィナーレでは党歌「われら」を手話で歌唱
ページトップへ