ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

教育

政策実践プロジェクトで「運動部活動をめぐる課題と部活動改革」について解説

2021.04.21

政策実践プロジェクトで「運動部活動をめぐる課題と部活動改革」について解説

4月21日、三谷英弘文部科学大臣政務官・青年局顧問は、政策実践プロジェクトで「運動部活動をめぐる課題と部活動改革」をテーマに解説動画を撮影しました。

冒頭、三谷政務官は、少子化に伴う部活動の維持困難、大会で勝つことのみを重視した過度の指導、教師の負担の増加など、運動部活動が抱える課題を説明。文部科学省で行っている「#教師のバトン」プロジェクトでも現場の生の声が多く寄せられていることに触れつつ、課題解決のための部活動改革が必要であるとして、運動部活動のガイドラインや外部指導者の任用を含む部活動指導員の制度、学校単位から地域単位での部活動推進事業などについて解説しました。

三谷政務官は、生徒の心身の健全な育成、教師の負担軽減、地域での持続可能な運営環境の整備に向けた取組が必要であると動画を通じて訴えかけ、「現在の部活動の状況を踏まえ、議会で取り上げていただくなど各地域での部活動改革にぜひ積極的に活用してほしい」と呼びかけました。

今回撮影した動画は、5月17日に全国の青年局メンバーに配信予定です。

政策実践プロジェクトで「運動部活動をめぐる課題と部活動改革」について解説
ページトップへ