ページ内を移動するためのリンク

ここから本文です

青年局ニュース

人権

定例会議で藤原部長より「コロナ禍における人権の考え方」について講演と意見交換を開催

2021.05.28

定例会議で藤原部長より「コロナ禍における人権の考え方」について講演と意見交換を開催

5月28日、青年局定例会議を開催しました。
冒頭、牧島青年局長より「募集相談員」という自衛官志願者に関する情報の提供及び地方協力本部の行う募集のための広報に対する援助を実施している方々について紹介がありました。
その後、「コロナ禍における人権の考え方」をテーマに藤原崇研修・拡大部長による講演と意見交換を行いました。ロックダウンを例に日本における人権制約に関わる制度を解説し、リスクが明確化されていない中での制約を設けることの難しさ等を様々な角度から説明しました。
また、藤原部長は国・都道府県・市区町村それぞれが憲法について改めて理解を深めることの必要性に言及し、「憲法という与えられたルールのなかで緊急事態に対処していかなければいけないため、引き続き尽力していく」と力強く語りました。
講演後の意見交換では、コロナ禍でのプライバシー等の問題に対して、どう解決していくかなど他にもたくさんの意見が出され、活発な意見交換となりました。

定例会議で藤原部長より「コロナ禍における人権の考え方」について講演と意見交換を開催
定例会議で藤原部長より「コロナ禍における人権の考え方」について講演と意見交換を開催
定例会議で藤原部長より「コロナ禍における人権の考え方」について講演と意見交換を開催
ページトップへ